読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨタカの星


f:id:mimikish:20151108233616j:plain

f:id:mimikish:20151108233538j:plain


f:id:mimikish:20151108233340j:plain


f:id:mimikish:20151108233658j:plain

                                         Photos by Akiyoshi


「よだかは、実にみにくい鳥です。

 顔は、ところどころ、味噌(みそ)をつけたようにまだらで、くちばしは、ひらたくて、耳までさけています。

 足は、まるでよぼよぼで、一間(いっけん)とも歩けません。」

http://reception.aozora.gr.jp/aozora/cards/000081/files/473.html


宮沢賢治の「よだかの星」では、みにくいといってみんなにいじめられる、かわいそうな鳥さん(T_T)


でも、バーダーには大人気。

大阪城公園には毎年4月か5月に来てくれます。

木の枝にじっととまってたら、この通り、枝と同化してるのでなかなか見つけらません。


翼を広げると特徴的な白い模様が見えるので、熟練バーダーは、カラスに追いかけられて飛んだときに目ざとく見つけます。


ヨタカは基本的に夜行性。

昼間とまってるときはたいてい寝てる。目は閉じてることが多い。


でも、ある時、奇跡的に目を開けた!!


こんな大きくて漆黒の目を持ってたなんて、この時初めて知った。


美しく潤んだ真っ黒な瞳。


この目はまるで宇宙。

たくさんの星が映る宇宙。

だから、ヨタカは星になったんだ。


目を見れば、心がわかる。

心が清らかな鳥さん


頑張って繁殖地まで渡っていってね〜!

ヨタカちゃん!


よだかの星

読むたびに泣けてきます。

http://reception.aozora.gr.jp/aozora/cards/000081/files/473.html