読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっちゃなエナガ


f:id:mimikish:20151025164557j:plain


f:id:mimikish:20151025164628j:plain


今日の鳥は、エナガ(雌雄不明)。


しっぽが長いので、柄が長い柄杓に例えられたのが名前の由来。


一年中日本に住んで、繁殖も越冬も日本。いわゆる、留鳥

全国の公園や森林にいます。


全長14センチのうち、尻尾が7センチもあるので、身体の大きさはたった7センチ!

ちっちゃな小鳥さんなのです。


黒に少しだけふんわりした色合いのピンクの毛が混ざり、オシャレさんです。


喉元から胸〜お腹にかけてのふわっふわな羽毛が、とにかく気持ち良さそうです〜


チュルリ、チュルリ、という独特の鳴き声で、群れて行動し、冬には他のカラ類(シジュウカラコゲラメジロ)と混群で行動します。


樹皮の間の小さなアブラムシのようなものを食ベるために、枝から枝へと飛び回ります。

とにかくすばしっこくて、動きが速いので撮影は至難の技!

手持ちサンヨンで何とか抜けた写真が撮れました!


f:id:mimikish:20151025164806j:plain


f:id:mimikish:20151025194507j:plain


こちらは、春に撮影した、巣立ちしたばかりのエナガの雛。

巣立ちして1週間程の間、みんなで行動し、雛はこんな風に、むぎゅむぎゅにくっついて並ぶので、エナガ団子、と言われています。


親鳥が餌を運んできたら大きな口を開けてピーピーと鳴いて、餌をねだります。


大阪城公園では、この2年ほど立て続けに、春にエナガ団子が見られていて、バーダーから大人気です(^^)