春一番の青い鳥 オオルリ

桜の季節になると、オオルリが日本に到着する頃、とソワソワします(^^) 幸せの青い鳥。オオルリは、バーダー達に、春の幸せな気分を運んできます。 ウグイス、コマドリと並んで、日本三大鳴鳥の一種!その鳴き声を聞くと、ひたすらうっとりします。 大阪では…

ちゅんちゅんプロジェクト♪

ちゅんちゅんプロジェクト♪ こんにちは! みなさんの最も身近な野鳥はなんですか? カラス、ハト、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリなど、よく見る野鳥は人それぞれかもしれません。 私にとっては、「スズメ」が1番身近で、かつ、愛らしく感じる存在です。 季節や…

こまくん♪の似顔絵

Picture by だるんだるん王子Photo by mimiブログを見てくれたお友達が、コマドリのイラストを描いてくれました!並べてみると、面白い(^◇^)写真のコマドリのぷっくりした可愛さがしっかり表現されて、なんて愛嬌たっぷり?勝手に「こまくん♪」と名付けて…

春の人気キャラ、コマドリ♪

Photos by mimi今回の鳥さんは、春の人気キャラ、コマドリ♪夏に日本の高山で繁殖します。オスの顔から首までの華やかなオレンジ色、それと馬の嘶きのような美しい囀り(駒鳥の名前の由来)は、バーダーからは大人気です。メスは、オスよりオレンジが地味です…

春の黄色いアイドル、キビタキ♪

Photos by mimi今回の鳥は、キビタキ夏に日本の高山(信州)などで繁殖する、夏鳥です。大阪城公園には4月から5月にかけて立ち寄ります。飛び立ちの写真は、大阪城公園での一枚。我ながら、よくぞこんな写真が撮れました!という奇跡の瞬間でした!(≧∇≦)キ…

冬のアイドル、コミミズク

Photos by mimi今日の鳥は、コミミズク。大阪府の淀川河川敷には、2015年の冬以来、複数のコミミズクが越冬しにきます。ここには食料となるネズミがたくさんいるみたい。コミミズクだけでなく、ノスリやトビ、チョウゲンボウなどもいます。コミミズクは、飛…

雪景色に咲くほんのり紅色、ウソ

Photos by Akiyoshi今日の鳥は、ウソ。鳴き声が口笛をふいているような声なので、口笛の古語、ウソ、が名前の由来。知らん顔することを、うそぶく、といいますが、うそぶくの語源はここから来ています。雪の金剛山で出会えたら嬉しい鳥さん。ヒューヒューと…

赤い鳥 オオマシコ♪

Photos by Akiyoshi今日の鳥は、オオマシコ。サルのように赤いので、猿子(マシコ)の名前がついています。鮮やかな赤い子はオス、薄い子はメスです。冬に関西でも見られる鳥さんですが、毎年ではありません。この写真は2007年に六甲森林公園で撮影。こ…

むっくん♪のパパ

Photos by Akiyoshi 今日のこの子は、ムギマキの成長オスです。 そう、ムギマキのむっくん♪があこがれる、むっくんのパパです。頭と背中が立派に真っ黒、胸とお腹が濃いオレンジで、鮮やかな色合いです。オスの個体が、こんな立派な色合いになるのに5年くら…

ヨタカの星

Photos by Akiyoshi「よだかは、実にみにくい鳥です。 顔は、ところどころ、味噌(みそ)をつけたようにまだらで、くちばしは、ひらたくて、耳までさけています。 足は、まるでよぼよぼで、一間(いっけん)とも歩けません。」http://reception.aozora.gr.j…

ヤマガラのやまちゃん♪

こんにちは。ぼく、「ヤマガラ」のやまちゃん♪大阪府の金剛山生まれの金剛山育ち。あ、にんげんのおねえさんが、手のひらにピーナツもってるぞ。お姉ちゃん、そのピーナツ、はやくぼくにちょうだいな〜。お腹すいた、お腹すいた!ニーニーニー♪雪をつっつい…

ちっちゃなエナガ

今日の鳥は、エナガ(雌雄不明)。しっぽが長いので、柄が長い柄杓に例えられたのが名前の由来。一年中日本に住んで、繁殖も越冬も日本。いわゆる、留鳥。全国の公園や森林にいます。全長14センチのうち、尻尾が7センチもあるので、身体の大きさはたった7セ…

ムギマキのむっくん♪

こんにちは。 ぼく、「ムギマキ」のむっくん♪ 。 麦播きの季節に日本をとおるから、日本の人は、ぼくらを、ムギマキって呼ぶんだ。 ぼくは春にシベリアで生まれたんだけど、夏が終わったから、南のあったかいところまで旅してるんだ。 北海道、東北、北陸、…

愛想よしのオジロビタキ

今日の鳥は、「オジロビタキ」オス。 喉のオレンジがキュートな子。名前の由来は尻尾に白い羽がはいってることから来てるようです。 この鳥、春夏はシベリアなどで繁殖し、越冬のために、11月~3月頃まで日本で過ごします。 日本で見られるのは、かな~り稀…

お目目パッチリのコサメビタキ

今日の鳥は、コサメビタキ。雄雌同じ形態のため、この個体が雌雄どちらなのかは不明。春から夏にかけて日本の九州以北の高地で繁殖し、冬は東南アジアやフィリピンなどで越冬します。 コサメビタキは、日本で見られる野鳥の中で、お目目パッチリ度が一番! …